伊豆旅行

 新プリウスの長距離ドライブも兼ね、胃全摘出手術後4カ月 経って食事の制限も少なくなったので伊豆にドライブ旅行に行ってきた。
 川島から高速に乗って御殿場近くの駒形SAに寄る。えびせんミックスとサマーオレンジゼリーを買う。えびせんは美味しくてすぐなくなった。沼津付近で降り、三島スカイウォークへ。残念ながら富士山は極一部しか見えなかったが駿河湾は良く見えた。つり橋は大きいが渡った先にセグウエイやアスレチックコースなどいろいろ整備しているのは驚いた。こんなに金を掛けて集客に失敗したらどうするんだろう。市や第三セクターがやつてるのかと思ったが紹介ビデオを見ると純民間らしい。思いきったことをするものだ。あとで調べたら事業者は地元のパチンコ屋さんだそうだ。
 そのあとは道の駅めぐりの予定だったがやめて直接堂ヶ島を目指すことにした。午前から晴れるはずだったが堂ヶ島に近づいてもまだ雨が降ったりしている。クルーズに乗るときには晴れた方がいいから先にお昼を食べて時間を潰すことにした。堂ヶ島の駐車場の脇にお寿司やさんがあったので入って地魚寿司と穴子丼を注文。タコ、イカ、アワビは食べられないが、それ以外は美味しくいただいた。後で思ったがタコ、イカ、アワビは別のネタに変えてもらえば良かった。アワビは高級食材だからウニやイクラにかえてもらえたかも。食べ終わったら太陽が見えていた。作戦成功。洞窟巡りクルーズは本当に洞窟内に入って中で転回したりする。たいしたものだ。クルーズから相当高級そうなホテルらしきものが見えた。後で調べたら一泊12万だそうだ。クルーズが終わって多少お土産を買う。下関産だがウニの瓶詰めも買った。良くあるタイプ。それほど旨いわけでもなかった。
 堂ヶ島から戸田に向かってドライブ。恋人岬には行かなかったが、その辺で富士山が良く見えた。土肥温泉には旅館がたくさんある。ちょっと外れているが伊藤園もあった。次はこの土肥温泉の伊藤園に泊まろうかと思っている。
 戸田の手前にすごく富士山が良く見えるところがあってパフェを出しているお店があったので寄った。そこの親父はもともとドッグランのためにそこの土地を買ったらしいがあまりにも景色が良いので喫茶店を始めたらしい。裏の家にはネコも50匹位飼っているそうだ。喫茶店Google評価は2点台。我々も次は来ないだろうな。
 戸田には突き出たところがあって造船博物館なるものがあるらしいので行ってみた。そこに歩いて行く途中の富士山が素晴らしい。造船博物館は幕末のころ津波で被災したロシアプチャーチンの船が曳航中に戸田の沖に沈んでしまったのでその代わりの船を戸田で作ったときの記録をまとめたもの。面白くはないがそういう史実があったことは知らなかったのて勉強になった。ほかに深海魚の展示もあった。
 戸田の旅館ときわやは昔ながらの温泉旅館を最近リフォームしたらしい旅館。お迎えも丁寧だしリフォームも素敵な出来。1万円台の旅館にしてはとてもいいサービス。風呂は家族風呂が予約無しで使えて空いていたので二回ともそれぞれ別の家族風呂にはいった。家族風呂は海向きで夕日の時間も港が良く見えるし、明け方には月が良く見えた。
 部屋は10畳以上もある和室にベッド。そして縁側みたいなところもあるので相当広い。一方、味わいの宿と言うキャッチフレーズから実は期待していた食事はそれほどでもなかった。

 次の日は戸田の道の駅へ。チョココロネや戸田塩アイスを食べた。いずれもおいしくてお代わりを買って食べた。戸田の塩は旅館にもあったが、なめてもあまりおいしくなかったのだが、とにかく塩が名産になればたいていのものには塩を使うので塩アイスや塩からあげなど、塩に付随した名物がたくさんできる。うまいやりかただと思った。塩アイスは塩と違ってうまかった。

 その後は海岸線をつたって沼津港へ。沼津港はまるで食のテーマパークですごく楽しいところだ。お店がたくさんあっていろいろ見て回ったが、結局食べたのは立ち食い寿司。目の前で握ってもらえるので楽しい。次に来た時もここで食べたいかも。でも沼津はあじが有名らしい。次にきたときはアジフライも食べられるかも。

 午後に沼津港を出て五時ごろ帰着。プリウスPHVは特に高速ではアクセルもブレーキも踏まずにすむのですごく楽。道も圏央道が東名までつながったのですごく楽。道もすいていた。いい旅行だった。

プリウスPHV40日

プリウスPHVを買ったその日に満タンにして、20日後と40日後に満タン給油した。40日後の走行距離は約2900km、ガソリン給油量はあわせて56.3L、支払額は約7900円。燃費は51.4km/l、1kmあたりガソリン代は2.7円だ。もちろん電気で走った分があるからこの数字であり、電気代はカウントしていない。ガソリンで走る場合の燃費は約30km/l程度、電気で走る場合の電費は約5.9km/kWhのようだ。

前に電費7km/kWh、ガソリン燃費27km/lと予想したが、電費は悪く、燃費は良いようだ。これはたぶん今が冬でエアコンの負荷が大きいためと考えられる。電気で走る場合はエアコンも電気で動かすのでその分電費は悪くなるが、ガソリンで走る場合は暖房はエンジンの余熱が使えるから燃費はそれほど影響を受けないのだろう。

買う前に予想した1kmあたりガソリン代3円という水準はクリアしている。最近ガソリンが値上がりしているからガソリン節約の効果は大きくなりそうだ。

原発と抗がん剤

 抗がん剤というのはがん細胞を攻撃する薬だが、抗がん剤でがんが治ることはほとんどない上、がんが人の細胞から生み出されたものだから抗がん剤もがん細胞だけでなく正常細胞も攻撃してしまう。その結果吐き気や脱毛や腸がやぶれたりなど重篤な副作用が発生しやすい。ドラマなどで治るわけでもないのに副作用ばかり強いという印象が強いため、人によってはがんになっても抗がん剤のリスクを恐れ治療を拒否し、副作用がないと主張する温熱療法や糖制限療法などの民間療法に頼り、結果的に抗がん剤を使うよりも大幅に寿命を短くする例があとを絶たない。リスクに敏感な人が非合理な選択をしてしまう例が多いのだ。

 実際には副作用で苦労したのは昔の話で、今は副作用を抑える薬が多数開発されたり対処の方法がわかってきたりしているのでそれほど副作用を怖がる必要もないのだ。また、抗がん剤でがんが治らないのは確かだが、がんの症状を抑えたり増殖を抑えて寿命を延ばす効果は確実にあることがわかっている。また、医者がそれぞれの判断で適当に抗がん剤を使っていた昔と違い、今はガイドラインが整備され医者の違いによる治療成績の差も少なくなってきている。つまり抗がん剤のリスクは昔と比べて格段に下がっており、一方その効果は確実に証明されたものになっている。だから現在では抗がん剤による標準治療を選択するのが合理的なのだ。

 しかし、ネットの情報量としては民間療法の方が圧倒的に多いので標準治療が合理的という説明は難しい。それを実にうまく説明している人がいる。がん治療医の押川勝太郎という人がyoutubeで多くの動画を発信している。これを見ると民間療法がいかに根拠がなくデメリットが多いか、標準治療がいかに根拠のある有効な治療かがよくわかる。リスクに敏感な人がどうせ治らないならと危険な賭けに走ることの危険性を非常にわかりやすく説明している。

 一方、原発というのは大電力を長期間安定して発電ができる方法だが、処理に困る放射性廃棄物を出すうえ、事故が起きれば放射能汚染が発生するリスクがある。その健康被害だけでなく避難時の混乱や長期避難等で引き起こされる社会問題が大きい。福島第一の事故で引き起こされた汚染や混乱の印象が強いため、世論は脱原発に傾き事故から8年たっても原発を使うべきでないと考える人が半数を超える。再エネを使うべきという人は多いが、再エネはなかなか増えず結果的に発電は火力発電に頼ることになり温暖化ガスを大量に排出し、温暖化リスクを高めることになる。事故リスクに敏感であると温暖化リスクを増やしてしまうことになる。

 実際には福島事故は東京電力が対策をさぼった結果起こったもので、対策技術そのものは女川や東海第二で有効に機能した。また、新たに整備された原子力規制委により事故対策は事故前と比べ圧倒的に管理されており、事故対策が不備な原発は動かせなくなっており、今やそれほど事故を恐れる必要はないのだ。つまり原発事故のリスクは事故前と比べて格段に下がっており、一方安全対策の効果は着実に管理されたものになっている。そして原発を使うことにより温暖化リスクを下げることができる。だから現在では規制委が基準を満たしたと判断した原発は事故リスクがほとんどあがらず温暖化リスクは確実に下げられるので使うのが合理的と思われる。

 しかし、温暖化リスクと事故リスクの比較を納得できる説明をすることは難しい。原子力の分野でも押川勝太郎医師のような説得力ある説明ができる人が現れないものだろうか。単なる主張をするだけの人は山のようにいるのだが。原子力の専門家には押川勝太郎医師のyoutubeを見て合理性の説明の仕方を学んでもらって、納得できる原発活用解説をしてほしいものだ。押川勝太郎医師のyoutubeを見て例えば抗がん剤を使えば儲かるみたいな発想はみじんも感じられない。一方、現状の原発推進派の主張は原発を使えば儲かる人たちが自分たちのために発信しているとしか思われない。今のままでは原子力を合理的に使う世論が形成されることは永遠に無いだろう。

 

 

プリウスPHV一週間

11/24にプリウスPHVがやってきた。1週間乗ってみた感想を。

電気で走れるのは68kmとカタログではうたっているが、暖房をしているせいもあると思うが実際に走れるのは45km程度。カタログの7割と予想したのがほぼ合っている。通勤往復は電気で走れるが、2往復は無理。1.5往復くらいか。送り迎えしてもらう場合は一部ガソリンを使うことになる。

その暖房だがオートにすると25度設定でも寒い。手動でファンを強くすれば23度設定でもまあまあだ。オートの設定が悪いのか?使い方が悪いのか?よくわからない。一方、シートヒータやステアリングヒータは快適。電源をつないでおけば出がけに家の中からエアコンをオンにでき、その際の電気は家からとってくれるので電気走行距離には影響を与えない。

オートクルーズは快適。高速だとアクセルもブレーキもまったく踏まない。かなり前の車にも車線を読んで追従する。思ったより結構賢い。一般道でも動作するが、前の車が右左折すると動作不能。遠い信号が赤になっても加速したりするので適宜切ってやらないと使えない。それでも長い一本道やきれいな国道などではだいぶ楽になる。スピード違反を心配する必要もなくなる。電車のようだ。

ハイビームも自動で切り替えてくれるので自分で切り替えることは無い。それほど暗くならなくてもライトがついてくれるのもありがたい。

車の感想というより自動機能の感想になってしまったが、自動化の印象が強い。結果的に運転が楽になり移動が楽になる。買ってよかったなあと思う。

充電すべきかどうか

 プリウスPHVを電気で走らせるならなるべく安い電気を使った方がいいのは言うまでもない。家は電化上手なので深夜11時から朝7時までは約12円、再エネ賦課金が入っても約15円。プリウスPHVの電費のカタログ値は10.54km/kWh。実使用時7割とすれば7.4km/kWh。これが15円で走れれば1kmあたり2円で走れる。

 一方、ガソリン燃費はどうか。ハイブリッド時のカタログ燃費は37.2km/L。これも実使用時7割とすれば26km/L。ガソリン代135円/Lとすればガソリンで走る場合には1kmあたり5.2円かかることになる。逆に電気を使う場合これ以上の価格になるならガソリンを使った方がいい。

 1kmあたり5.2円に相当する電気代は38円だ。電化上手の場合、昼の電気代が一番高いがそれでも32円、再エネ賦課金合わせても35円だから東京電力から電気を買うならいつでも電気で走った方がガソリンより安くなる。

 しかーし!あと約1年の間の太陽光発電の売電価格は48円だ。太陽が出ているときに充電してしまうと48円もらえる分を充電してしまうことになり、つまりはその電気代は48円だからガソリンで走った方が安くなる。あと1年の間は充電は深夜電力に限った方がいいようだ。再来年の3月、48円買取が終わったらたぶん10円程度でしか買い取ってもらえないから太陽光の電気が再安となり、深夜でなく日中充電するのがお得になる。

タイヤの話

 今のプリウスにあと2022年まで乗るつもりだったので今年の冬にスタッドレスを、春に普通タイヤを買い替えた。そのスタッドレスプリウスPHVにつけられるか確認したところつけられそうだ。だからスタッドレスはこのまま冬交換用で使えば問題ない。夏タイヤは今年の春に付け替えてこれまで約1万キロ走行した。こんど買うプリウスPHVは走行距離9000kmだから買ったタイヤより走行距離は少ない。だからせっかく買ったタイヤより若干いいタイヤが手に入ることになる。であればそれも問題ないだろう。

営業用プリウス収支

 今のプリウスを買う前はセレナとミニカにそれぞれ1万キロ弱乗っていた。ミニカは燃費良かったがセレナは悪く、平均すれば燃費10km程度になる。これを今のプリウス1台にした。今のプリウスは2009年に営業用で売っていた旧型を新車で買ったものだ。インサイトの対抗だったようで価格は185万円。総額201万円で手に入れた。燃費10キロ、ガソリン価格150円なら1キロあたり15円かかるところ、プリウスだと6円とすれば20万キロ乗って浮いたガソリン代が180万円となりほぼ元が取れる予定だった。

 実際にはガソリンは150円を超えることはまれだし、20万キロには届かなかったし、プリウスの燃費も冬は悪いので実際に浮いた金額は145万円ほどだ。しかし、ミニカは13年車更新の補助金25万円もらっているし、2台を1台にしたので保険代も車検代も浮いている。軽だったので車検代はそれほどでないにしても保険代だけで10年に30万は浮いている。つまり55万円ガソリン以外に浮いているのでプリウスの元は取れたと考えていいただろう。プリウスを買わずにセレナとミニカのまま10年過ごすのとプリウス1台新車で買って10年過ごすのとかかったお金はほぼ同じ。つまりプリウスは実質タダだったと考えられる。

 次のプリウスPHVは今を基本にするとまったく元は取れないが、セレナとミニカを基本にすると元が取れるかも知れない。プリウスだと1kmあたり6円のガソリン代はPHVなら3円になると考えられるから20万キロ乗れば240万円が浮く。さらに1台にすることで保険料10年分30万円が浮くから10年20万キロで270万円が浮く。今回プリウスPHVは中古で266万で買う予定だから元は取れる。ただしガソリン価格が150円行かなければそこまでいかないし、充電電気代は1kmあたり1~2円かかるから10~20万出費は増える。10年では元がとれなくても11年で元がとれるだろう。

 11年乗ることを前提にすればプリウスPHVもほぼタダで乗れることになる。それで電気自動車の環境性能と最高の航続距離と最新の安全性能が手に入るのだからいいことだ。デザインもかっこいいし、トヨタさんいい車を作ってくれてありがとう。